MENU

陰部のニオイに大きく関係しているタバコ

 

タバコを吸う女性は、吸わない女性と比較して体力が低下していることが多く、細菌が入りやすい体内環境になっています。

 

そのため、体を酸化させてしまい、おりものの量が増えて魚の生臭さのようなニオイがすることもあります。

 

また、タバコのために体力が低下していることもあり、細菌性膣症にもかかりやすくなっています。

 

しかし、細菌性膣症は罹っても自分では気がつかないことが多いのと、自然治癒することが多いので細菌性膣症にかかったことすらわからないことが多いです。

 

細菌性膣症になると魚の生臭いようなニオイがしますから、もし、陰部からこのようなニオイがしたら細菌性膣症を疑ってみてください。

 

細菌性膣症になったときの判断のポイントとしては、「おりものの量が増える」とか、「灰色がかったような色のおりもの」あるいは「黄色がかったおりもの」などのように色に変化がありますから、おりものの量が多いと感じたときは、気をつけて観察してみてください。

 

タバコを吸う人のおりもののニオイが臭いのは、吸ったタバコが肺に入り、血管を通して体中を駆け巡るからですが、タバコを吸う人の体臭がきつくなるのもこのためです。

 

さらにタバコがいけないのは、体内の脂肪を酸化させて体を錆びつかせて雑菌が繁殖しやすい状態となり、おりものの量が増えてニオイも強くなってしまいます。

 

 

メンソールのタバコの場合と普通のタバコの場合の陰部のニオイの差

タバコには普通のタバコとメンソールのタバコがありますが、メンソールのタバコの方が体に毒とも言われています。

 

また、タバコを吸うリスクはどちらも同じでも、メンソールのタバコの方が依存度が高いことや脳卒中になるリスクが高いことも指摘されています。

 

メンソールのタバコはペパーミントなどからできていて、清涼感があることや吸いやすいために吸っても物足りなく感じることが多いようです。

 

そのためにどうしてもたくさん吸うようになり、依存性が高くなります。

 

健康被害の大きさは普通のタバコ以上に高いのがメンソールのタバコで、普通のタバコでも体力が低下したり免疫力を下げて、細菌性膣症に罹りやすくなってしまいますが、普通のタバコ以上におりものの量を増やしてしまうのがメンソールタバコです。

 

そのため、陰部のニオイも普通のタバコ以上にメンソールのタバコの吸った人の方が強くなります。

 

ちなみに、メンソールのタバコは健康被害の他にも、中毒になりやすいことから販売禁止になる可能性もあるようです。

 

喫煙をしている女性が行いたい陰部の臭い対策

 

タバコは体に悪く百害あって一利もありませんから、できたら禁煙をおススメします。

 

しかし、タバコが止められない女性もいます。

 

タバコがやめられない女性の陰部の臭い対策としては

 

  1. 抗酸化作用のある食べ物を心がけて摂る
  2. 免疫力を高める工夫をする
  3. 十分な睡眠をとる
  4. 適度な運動をする
  5. 生活習慣の見直しを

などを行ってください。

 

タバコを吸うと活性酸素を増えて体を錆びつかせて老化を早めますが、その活性酸素が卵巣にも影響を及ぼして、おりものの量を増やしてしまいます。

 

そのため、活性酸素を減らす働きのある抗酸化作用のある食べ物を摂ることで体の酸化を防ぎ、おりものの量を減らすことができますし、無色のおりものになります。

 

抗酸化作用のある食べ物にはポリフェノールが多く含まれているバナナやブドウ、納豆やアーモンドなどの他、ナスの皮にもたくさん含まれていますので、心がけて摂るようにしてください。

 

また、免疫力を高めるためには、冷たいものや食べ物を摂りすぎないでください。冷たいものは体を冷やして体温を下げ、免疫力の低下を招いてしまいます。

 

腸内細菌を増やして腸内環境を整えることでも免疫力アップができますから、腸内環境を整えるのに効果がある方法としては、乳酸菌飲料を積極的に摂って善玉菌を増やしたり、規則正しい生活を送ることでも腸内環境を良くすることができ免疫力をアップすることができます。

 

甘いものを食べすぎると血糖値が高くなり、雑菌を増やしておりものの量を増やしてしまいますから、タバコを吸う女性はもちろん、吸わない女性も甘いものの摂りすぎには注意をしてください。

 

吸う事で体力を低下させ免疫力を下げてしまうのがタバコですから、積極的に免疫力アップを心がけて細菌性膣症などにならない体力をつけるよう心掛けてください。

 

また、ストレスや睡眠不足は体力の低下を招きおりものを増やして陰部のニオイを強くしてしまいます。そのため、十分な睡眠をとって疲労を溜めないことが大切です。

 

そして、適度な運動や規則正しい生活を行うことで体調が整い、おりものの量が増えることが防げます。

 

タバコを吸う女性がどうしても陰部のニオイが気になるときの対処法

陰部のニオイが気になって、お友達と楽しく過ごせないのでは困りますから、色々心がけても、それでも陰部のニオイに困ったときはおりものシートがおススメです。

 

安心してお付き合いが楽しめます。

 

今は生理以外でもおりものシートを使う女性が増えていると言いますが、ニオイを抑えるのに効果が期待できます。

 

ただ、ずっと使い続けるのは危険です。通気性が悪いので膣内の状態を悪化させて、さらにおりものの量を増やしてしまう可能性もあります。

このページの先頭へ