MENU

雑巾の生乾きのような臭いの原因と対策方法

陰部が生乾きの雑巾のような臭いがする原因は?

陰部からは、人によっては悪臭が生じている事もあります。

 

その原因も色々考えられるのですが、生乾きの雑巾のような悪臭もあるのです。その時は、汚れが原因という可能性が考えられます。

 

 

汚れが蓄積すれば悪臭が発生する

デリケートゾーンからの臭いは、生活臭の原因を考えてみると分かりやすいです。

 

建物によっては、どこかに汚れが蓄積している事もあるでしょう。

 

それを放置してしまえば、やはり雑菌類の温床になってしまいます。

 

であれば、やはり汚れを除去する事がポイントになる訳です。

 

デリケートゾーンに対しても、同じ事が言えます。

 

 

恥垢が蓄積するのも原因

また洗い方が不十分ですと、恥垢も蓄積しやすくなってしまいます。

 

それは明らかな臭い原因になってしまう訳です。

 

つまり洗い方が適切でなければ、雑巾のような臭いも生じてしまう訳です。

 

 

乾燥が臭いを強くしてしまう事も

それとデリケートゾーンは、もちろん皮膚の一部になります。

 

よく言われることですが、肌をむやみに乾燥させてしまうのは禁物です。

 

乾燥は、肌の状態を悪化させてしまうからです。

 

臭いに対しても、同じ事が言えます。

 

皮膚が乾燥した状態では、雑巾のような臭いが強くなってしまう事も多いです。

 

 

洗いすぎで臭いが強くなる

それで上記でも触れた通り、洗浄が不適切ですと臭いも生じやすくなる訳ですが、だからといって過剰に洗浄するのも禁物です。

 

と言うのもむやみに洗浄しますと、かえって皮膚が乾燥しやすくなってしまいます。

 

乾燥は悪臭を悪化させてしまう訳ですから、むやみに洗っている時も、雑巾のような臭いが生じてしまう事もあります。

 

 

様々な臭いの種類とその原因

ちなみにデリケートゾーンの悪臭は、他にも色々あります。

 

例えば女性によっては、酸っぱい臭いが生じている事もありますが、実はそれは健康な証拠です。

 

それはおりものに含有されている乳酸が、酸っぱい臭いを放出しているケースがほとんどです。

 

そうかと思えば、玉ねぎのような臭いが生じる事もあります。

 

その場合は、すそワキガを疑った方が良いでしょう。

 

アポクリン腺という箇所で、悪臭が生じている可能性が濃厚です。

 

ですから臭いにも色々な状況はあります。

 

少なくとも雑巾を彷彿させる悪臭ですと、洗浄方法に問題が潜んでいる事が多いのです。

 

ですから雑巾の臭いは、すそワキガの可能性は考えづらいです。

 

 

陰部が生乾きの雑巾のような臭いがする対策は?

デリケートゾーンから雑巾の臭いがする際は、普段から適切な方法で洗浄するのが良いでしょう。

 

そのポイントは数点あります。

 

 

ぬるま湯で洗浄するのが望ましい

まずは洗浄する時の温度です。水などで洗浄するというより、だいたい37度前後のお湯で洗浄するよう心がけると良いでしょう。

 

ちなみに、シャワーをあまり陰部に当てない方が良いです。

 

シャワーの刺激はそれなりに強いので、悪影響が生じてしまう可能性があります。

 

 

指の腹で丁寧に洗浄

それとタオルなどではなく、指の腹で洗うよう心がけると良いでしょう。

 

その際に注意すべきは、できる限り丁寧にするべきです。

 

というのもデリケートゾーンは、とても複雑な形状をしています。

 

自分では洗浄できたと思っても、実は汚れが残っている事もあるからです。

 

丁寧に目視確認をして、洗浄するよう心がけるべきです。

 

シワとシワの間などは、特に注意を要します。

 

 

泡は十分に立てる

それと、泡をしっかり立てる事です。洗浄時の泡立てが不十分ですと、十分に洗浄できていない事も多いです。

 

それでは、悪臭の原因になってしまう訳です。

 

十分に泡立てを行うと共に、それを転がすようなイメージにすると良いでしょう。

 

泡を転がしつつ、丁寧にデリケートゾーンを洗浄するイメージです。

 

 

前から後ろに洗うのが望ましい

それとVIOゾーンを洗浄する際は、順番には要注意です。

 

まず一番最初にVゾーンから洗浄するのが良く、その次がIです。

 

そして一番最後がOという流れになります。

 

この順番を逆にしてはできません。

 

Oゾーンの汚れが陰部に入ってしまい、悪影響が生じてしまう事もあるからです。

 

 

膣内は洗浄しないのが望ましい

それとよく誤解されがちですが、膣内は洗わない方が良いでしょう。

 

そこには、良い菌類が存在するからです。

 

たまにテレビなどでも聞く話ですが、菌類には善玉と悪玉があります。

 

前者の善玉が多い方が、全体的に状態も良くなりやすいのです。

 

ところが膣内を洗浄してしまいますと、善玉が激減する事になります。

 

それでデリケートゾーンで雑菌類が繁殖しやすい状態になる上に、かえって臭いが悪化してしまう事も多いのです。

 

ですから臭いを除去したいと思うなら、膣内は洗浄しない方が良いでしょう。

 

基本的にその箇所は、自浄作用があります。

 

余分な物は自然と洗浄される性質はありますから、そこは洗わなくて問題ないでしょう。

 

 

いい加減に洗わないのが大事

以上がデリケートゾーンを洗浄する時の主なポイントですが、これを踏まえた上で、丁寧に洗うことが大切です。

 

実はデリケートゾーンから雑巾のような悪臭が生じるのは、たいてい洗浄が雑だからです。

 

いい加減に洗浄してしまうと、臭いも悪化してしまうのは明白です。

 

ですから丁寧にソフトに洗うよう心がけるのが望ましいでしょう。

このページの先頭へ