MENU

女性の陰部のニオイの原因にはおりものが原因していることもあります

女性の陰部のニオイは自分では気がつきにくく、しかし、人が教えてくれることも少ないので厄介です。

 

女性の陰部のニオイ原因となっているものには「汗のニオイ」や「体臭によるニオイ」、「性病によるニオイ」や「すそわきがによるニオイ」などのほか「おりものなどの膣内の分泌物によるニオイ」や「性病によるニオイ」、「加齢臭によるニオイ」など、実に様々な原因があります。

 

その中のひとつの膣内の分泌物のおりものですが、おりものはほとんどの女性にみられ、生理のサイクルと結びついた自然のものです。
そのため、年齢で量が増えたり、ニオイが強くなるのも自然のことですから、おりもの自体には問題がありません。
しかし、血が混じっているとか、悪臭がしたり異様な色や量が多すぎとか、あるいはかゆみを伴うおりものには注意が必要です。

 

 

おりものに混じる不正出血とは?

通常、おりものの色は透明か乳白色ですが、おりものに血が混じってピンクや茶褐色になっていることがあり、色のついたおりものは不正出血の可能性があります。
不正出血とは、通常の生理の時以外に性器から出血することで、ホルモンバランスの乱れで出血することもありますが、なかには、何らかの病気が隠されている不正出血もありますから、注意をしてください。
普段のおりものの状態を観察しておくのも大事です。

 

 

おりものに血が混じる原因は?

おりものに血が混じる原因には、ホルモンの乱れや、性行時に膣の傷がついておりものに血が混じることがあります。
その他おりものに血が混じる原因には、子宮頸がんやクラミジア性子宮頚管炎などの重大な病気が隠されている不正出血のこともあります。
子宮頸がんは、近年は若い年齢層でも増えていますが、早期に発見して治療ができれば治りやすいがんです。
しかし、進行してしまうと治療が難しくなりますから、早期発見がポイントです。そのため、定期的な検診は必ず受けるようにしてください。

 

また、クラミジア性子宮頚管炎などでの不正出血の場合は、おりものに血が混じるだけでなく、腹痛や性交時に痛みを感じる場合もあります。
クラミジア性子宮頚管炎は不妊の原因になるおそれもありますが、おりものだけでは正しい診断ができませんから、血が混じっていたり、悪臭がするとか、おりものがいつもと違うと感じがしたら婦人科で診察を受けることをおススメします。

 

 

おりものに血が混じる時の対処方法とは?

おりものに血が混じっていても生理直後とか排卵期のおりものや、生理直前におりものに少量の血が混じることはよくあることなので、このようなおりものは心配がありません。
ただ、何かの病気が原因して血が混じっている可能性がありますかが、おりもののニオイが強いときには注意が必要です。
よくあるのが子宮筋腫で、おりものに血が混じることが長く続くようなら婦人科で診てもらってください。

 

 

おりものが酸っぱい臭いがする原因

おりものが原因の女性の陰部のニオイは酸っぱいニオイがすることが多く、その原因は陰部についた雑菌を防ぐために乳酸が生じたために起る現象です。
そのため、お風呂で陰部を良く洗うなど清潔を保つことで解消できます。

 

おりものが酸っぱいニオイがする原因には、ストレスや体調不良他、抗生物質を服用しているときや、陰部を洗い過ぎても酸っぱい臭いがすることがあります。
おりものは陰部を守るそれなりの働きをしていますから、あまり洗い過ぎるとおりものの自浄作用を失ってしまい、酸っぱいニオイとなってしまいます。
洗い過ぎの点ではビデも同様で使い過ぎには気を付けてください。
デリケートゾーン専用の石鹸がありますから、自分に合った石鹸で、優しく丁寧に陰部を洗ってください。

 

通常は問題のないおりものですが、ただ、異様に強い悪臭がしたりや、通常の色と違っていたり、おりものの量が多いとき他、強い痛みやかゆみがある場合は何らかの病気の可能性があります。
婦人科に行くのはためらってしまうことも多いのですが、しかし、上記のばあいは受診が必要なことが多いので、勇気をもって受診してください。

 

 

おりものが多いときに考えられる病気

おりものが多いときに考えられる病気には、カンジダ膣炎やクラミジア感染症、細菌性膣症やトリコモナス膣炎、淋菌感染症などがあります。
それぞれに原因が考えられますが、疲れているときなどは免疫力も衰えて上記のような病気にもかかりやすくなりますから、疲れたら休むなど、常に健康に気をつけ良い健康状態を保つように心がけてください。
また、ストレスからおりものの量が増えることもあり、おりものは心や体の異常を教えてくれるサインとも言われていますから、常におりものを観察していることも大事です。
おりものは、重大な病気が原因しているものでなければ、適切な対処で改善することが可能です。

 

おりものシートを使っている人が多いことからもわかるように、おりものを気にしている人はあなただけでなくけっこう多いはずです。
自分合った対処法を見つけて陰部のニオイの悩みやコンプレックスを解消し、仕事にプライベートに爽やかに頑張ってください。

このページの先頭へ