MENU

産後の陰部のにおいに悩んでいませんか?

産後は陰部のにおいが変わる?

産後は思いもよらないトラブルに悩まされた方も多いでしょう。陰部のにおいの悩みもその1つです。
産前は気にしたことがなかった人でも、なんだかにおいがきつくなったと感じることが多いようです。
ただ、産後の女性は大半が経験するトラブルですので、あまり深刻に考える必要はありません。
出産を経験した女性の子宮や膣は大きく状況が変わるからです。

 

においの原因は、主に悪露と膣内環境の乱れです

においの原因の1つは悪露です。悪露とは、産後も子宮の中に残った胎盤や卵膜が血液と混ざった分泌物です。
生理の時の出血にも似ていますが、出産で傷ついた子宮が妊娠前の状態に戻るまで1か月くらい出続けます。
生理中のにおいが気になるという人も多いですが、悪露も鉄のような生ぐさいにおいがします。
悪露が出なくなれば、特有のにおいもしなくなってくるはずですが、もしにおいが変わったということがあれば、子宮復古の状態に問題があるかもしれませんので注意が必要です。
もう1つ考えられる原因は、ホルモンバランスの変化です。産前産後の女性はホルモンバランスが大きく変化し、体質も一時的に変わります。
この時、膣内の環境が悪化してしまい、細菌性腟炎という炎症を起こした状態になることがあるのです。
これが原因で、膣やおりもののにおいがきつくなってしまうのです。
普段、膣の中は自浄作用が働くので細菌が悪さをすることはないのですが、産後はこの抵抗力が弱まって自浄作用が低くなり、細菌が侵入することで炎症を起こすのです。
悪い病気ではなく、よくあるトラブルではあるのですが、かゆみが出たり生ぐさいにおいがするなど、不快な症状を引き起こす原因になります。

 

においの対策は、まずは清潔を保つこと!

悪露や膣内の炎症によるにおいを防ぐ方法ですが、やはり陰部をきれいに洗って衛生を保つことが第一です。
産後は会陰切開や悪露の影響で、陰部の洗浄が怖いという方もいらっしゃいますが、お手洗いの後にシャワートイレなどできちんと洗い、そっと拭くと良いです。
どうしても辛ければ、濡らしたガーゼや洗浄綿でおさえるように拭きましょう。
悪露が出ている間はこまめに産褥パッドやナプキンを交換することも忘れないようにしましょう。
また、シャワーやお風呂での洗浄も大事ですが、膣の中を石けんで洗浄することは絶対にしてはいけません。
石けんで洗うと、細菌といっしょに自浄作用まで洗い流してしまい、
かえって膣内環境の悪化につながるのです。かといって水だけで外陰部を洗い流すだけでもいけません。
洗浄力が足りず、衛生を保つことができないからです。正しい洗浄の仕方は、まず頭を洗ってからです。
陰部を洗い流した後にシャンプーを使ってしまうと、シャンプーの成分が陰部に流れてかぶれなどを引き起こすおそれがあるのです。
先に頭を洗ってから、石けんを泡立てて陰部を洗っていきます。
できれば無添加で肌にやさしい石けんを選びましょう。陰部専用の石けんもおすすめです。
石けんを十分に泡立てて、泡を外陰部に乗せるように洗います。決してごしごしこすったりしないように、丁寧に洗いましょう。
洗った後はしっかりと水分をふき取り、陰部全体に空気がこもらないようにするとなお良いです。

 

においが体からのサインである場合もあります

清潔を心がけていれば、産後の陰部のにおいも改善してくるはずです。
しかし、悪露がおさまっても、きれいに洗ってもにおいがきつくなる一方という時は、かかりつけの産婦人科で相談しましょう。
においが体からの何らかのサインであるかもしれないからです。あと気をつけたいのがおりものシートです。
おりものが気になるからと日常的に使うのは実はよくありません。
陰部の通気性が悪くなってむれてしまうので、毎日使うのはやめましょう。
においの対策としては逆効果になってしまうことがあります。
また、どうしても膣内を洗浄したい場合は、必ず専用の膣洗浄剤を使うようにします。
産婦人科などでも使われており、バランスが崩れた膣内の環境を整えてくれる作用がありますよ。
ただし、悪露が完全におさまってから、かかりつけの医師に相談して使用するようにしましょう。

 

産後の体のケアも大切です

産後の女性の体はとてもデリケートです。体も心も変化し、免疫力も低下している状態なのです。
赤ちゃんのお世話もあるので大変ではありますが、生活や食事、睡眠に気を配り、体力と免疫力が早く戻るように体をケアしてください。
食事面では、 砂糖・脂分・塩分の多い食べ物はなるべく控えましょう。
乳酸菌や食物繊維が多い食べ物で腸内環境を整えることも有効だといわれています。
母乳に良いとされる食事内容でもありますから、授乳のためとも思って食事は特に大切にしてください。
また、ストレスもよくありません。産後の陰部が臭くなったと気にしすぎることがストレスになり、体の抵抗力の戻りが遅くなる可能性だってあります。
陰部のにおいは産後の多くの女性が経験することですから、あまり気にすることなく過ごすようにして下さいね。

このページの先頭へ