MENU

気になるオリモノのニオイ!そのケアと対処法

女性の身体のメカニズムにとってなくてはならないのが生理です。
そして生理中に何といっても気になるのがオリモノのニオイではないでしょうか。
今回は女性特有のオリモノのニオイについて、ケアの仕方とその対処法をチェックしていきましょう。

 

オリモノがショーツに付着していると、とても気になりますね。そんな時にかぎってパンティライナーなどを付けていなかったという経験がある方も多いのでは?
ですがオリモノそのものは女性の身体を維持していくための、健康のバロメーターのようなものでもあります。
生理があるからオリモノもある、そしてニオイがあるということは、女性としての機能ががんばって維持しているものだと考えてみて下さい。
そして大切な自分の女性の機能が生理とオリモノという現象によって活かされていると感じることによって、オリモノのケアに対する考え方がポジティブに変化していくことでしょう。

 

まずはオリモノのメカニズムを知りましょう。オリモノは生理周期によって量が変わります。
生理中は血液も混ざりますので、生理の終わる卵胞期になるにしたがってサラッとした状態から乳白色に変化していきます。そして排卵期を迎えると、量が増え始め粘り気がでてきます。そして排卵を終え月経を迎える前期黄体期は、またサラッとした状態に戻ります。その前期黄体期が終わり、いよいよ生理前になると再びオリモノが増え始め、量も増えニオイが一番きつくなるのです。
オリモノのニオイのきつい時とそうでない時とあったと思いますが、実はこの女性としての大切な体のメカニズムがそうさせていたのです。

 

次にオリモノで気になるのは、色やショーツについたときの状態です。
生理が終わったのにオリモノのニオイが強くなったり、時々出血しているという場合は、一度産婦人科やクリニックなどで見てもらうのも良い方法です。
またショーツに付くオリモノがカッテージチーズのようにカサカサしていたり、魚のように生臭い場合などは気を付けましょう。菌が付着していないか、性交渉のある方は性病など、ニオイ以上に専門医にチェックしてもらうことも重要です。

 

気になるオリモノのメカニズムを知り身体をチェックした後は、肝心なニオイの部分についてふりかえってみましょう。
オリモノのニオイの強いときとそうでない時が、生理の状態で変化するのでしたね。ニオイの強くなる時期は生理前ということがわかりました。
生理前はイライラしたり、ひどい生理痛があるという方も多いでしょう。オリモノのニオイの強くなる時は身体にストレスが発生しやすい時期でもあるのです。
ニオイの強い時期は、家でゆっくり入浴などをして清潔を保ち、コロンやアロマなどで気分転換するのも良い方法です。
しかしどうしても残業をしなければならない、でかける約束をしてしまったということもあるはずです。
そんな時はオリモノ専用シートそのものを考え直してみるのも一つの方法です。たとえば生理用ナプキンなどのペーパー類は、長時間使用していると蒸れてきますからニオイの強いときは度々変えなけれなりません。その心配もとてもストレスになります。
生理用ナプキンでは布ナプキンをいうものもあります。布地でできているので通気性も良く、ニオイは軽減します。そして汚れたら洗って再利用もでき、経済的でもあります。ですがやはりニオイが急速になくなるわけではないので、最低でも自分であきらかにニオイを感じる時間帯になったらこまめに付け替えましょう。

 

そしてもう一つの方法として、お気に入りのアロマや香水で、オリモノのニオイをカムフラージュする方法があります。ですがオリモノの量が増え、ニオイが強い時期は普段よりニオイに敏感になっているため、香水やアロマもつけすぎてしまうという逆効果の結果になってしまうことがあります。
柑橘系のスプレータイプのものや、デオドラント効果のある薬用性やハーブなどの植物の香りなどで、ニオイを防ぐ方がおすすめです。また植物系などのハーブの香りはリラックス効果が期待できます。

 

最後に一番気になると思われる、異性がそばにいる時のニオイの対処法について考えていきましょう。
お口のニオイもそうですが、ニオイは一度気になり出すと止まらないくらいに神経質になりがちです。特に人にニオイの事で言われた経験のある方は、とても辛い思いをしていることでしょう。
まずはニオイについて、オリモノが正常にあるということはニオイもあるとポジティブになることです。その上でニオイについてのケアを考えていくのが健全と思われます。
女性としての魅力は、女性としてのメカニズムが正常に働いているからこそ輝けるのです。
まずは内側から健康にいいものを規則正しく食べる事、そして入浴と適度な運動をすること、内側からのケアがニオイを防ぐ方法にもなります。
それからオリモノのニオイを防ぐために、自分の好きな香りを使用してみることも素敵な気分転換になるはずです。
オリモノのニオイとお付き合いするのは、自分をいたわるのと同じ事。大切な自分の身体を知ることでもあるのです。

このページの先頭へ