MENU

陰部の正しい洗い方は?

女性なら誰もが気になる、陰部のニオイ。

 

人によっては、ニオイが気になり過ぎて男性と仲良くできない、という方も多いようです。
この陰部のニオイ、実はとある身近な原因で起きているかもしれないのです。

 

陰部のニオイの原因は?

そもそも陰部のニオイは、どのような原因で起こるのでしょうか?

 

 

 

蒸れや汚れ

誰にでも起こりうるのが、蒸れや汚れです。
生理中にナプキンで蒸れたり、きちんと洗えていなかったり、拭き残しがあったりすると、陰部はニオイを発してしまいます。

 

おりもの異常

おりものの量が増えたり、ニオイのキツイおりものが発生したりする事もあります。
元々の体質でそうなってしまう人もいますが、中には性病が原因になっている事もあります。
ニオイと共におりものが気になるようであれば、病院に行きましょう。

 

陰部のニオイは、大きく分けるとこの二つが原因です。
2に思い当たる事が無ければ、原因は1という事になります。

 

「でも毎日きちんとお風呂に入っているし、ウォッシュレットも使っているし…何で?」と思われた方も多いかもしれません。

 

では皆さんは自分の陰部を鏡で見た事はありますか?アンダーヘアの処理などで見た事はあるかもしれませんが、中まで開いて見た事があるという方は少ないかもしれません。
それでは中を開いて見てみてください。陰部を開くと、まずビラビラ、いわゆる小陰唇がありますね。

 

 

そのビラビラに白いカスのようなものが溜まっていませんか?
これは恥垢と言って、おりものや老化角質が集まったアカのようなものです。

 

つまり、簡単に言えば汚れです。

 

この恥垢が陰部のニオイの原因になっているのです!

 

陰部の正しい洗い方

キレイに洗えていると思っても、実は恥垢が残っている事があるんですね。
それでは恥垢を取り除く、正しい陰部の洗い方とはどのようなものなのでしょうか。

 

お湯で洗う(石鹸は使わない)

まず陰部の中の粘膜部分は普通の石鹸で洗ってはいけません。
石鹸は陰部にいる必要な細菌まで殺してしまう可能性があります。
できれば陰部専用の石鹸があれば良いですが、無ければお湯のみで洗うようにしましょう。

 

こすらない

指でビラビラを開き、シャワーのお湯で優しく流してあげましょう。できるかぎり指でこすらないようにしてください。(お湯が当たっている間のビラビラは、粘液が無いため非常にデリケートな状態になっています。)
もしどうしても取れなければ、清潔な指でそっと取ってあげてください。

 

取れない場合はティッシュを使用

もしどうしても指が入らないような場所であれば、お風呂からあがってから、ティッシュで作ったこよりでそっと取り除く方法もあります。

 

いかがでしょうか?皆さんの陰部の洗い方は正しく出来ていましたか?
恥垢はニオイだけではなく、男性が見たらちょっとガッカリしてしまうものでもあります。
ぜひ毎日のケアで、キレイにしてあげてみてくださいね!

 

 

 

 

このページの先頭へ