MENU

乳酸菌が膣の常在菌の代わりに?自浄作用を高めて臭いを改善!

私たちは、いつも下着を身に着けて生活をしています。
そのため陰部周辺は、下着の締め付けで熱気がこもりやすくなっている状態です。
また女性の場合、生理的なおりものという分泌物の排泄があるため、それが空気に触れることによって、ニオイを発することがあるのです。
自分のニオイというものは、なかなか気が付くのが難しいです。
しかし自分の周りから人が去っていったり、近づくと嫌な顔をされたりすると、少し自分のニオイのせいなのでは?と心配なこともあるでしょう。
陰部のニオイの問題は、とてもデリケートです。そのため、人に相談しにくい場合もあります。そんなニオイの解消に役に立つのが、乳酸菌なのです。これで自分で陰部のニオイの悩みを解消できたら、嬉しいですね。
今回は、乳酸菌がどのような働きをするのか、そしてどのようにニオイ解消に役立つのかをご紹介します。

 

膣の中には、いろいろな常在菌が住み着いています。
この常在菌があるからこそ膣の中は、酸性に保たれており、外部からの細菌の侵入を防いで、感染が起こらないようになっているのですね。
これを膣の自浄作用と言います。この時に大きな役割を果たすのが、乳酸菌なのです。
実は、陰部には、デーデルライン桿菌という膣の中で乳酸を作り出す菌がいるのです。この菌が存在することにより、私たちの陰部には、余計な雑菌が住み着くことが少なくなります。
しかしストレスや生活の変調などがあると、体のバランスが崩れてしまい、常在菌にも変化が訪れることがあるのですね。
もしもデーデルライン桿菌が減ってしまうと、雑菌が繁殖し、陰部のニオイの原因になってしまうのです。

 

そこで乳酸菌の登場です。デーデルライン桿菌は、乳酸を作り出す常在菌です。
しかし、それが減ってしまうと、自浄効果が弱まり、雑菌の繁殖により膣に炎症を起こすことがあるのです。
炎症を起こすとおりものが増えることもあります。そしてそれがニオイの原因になるのです。そこで陰部に直接乳酸菌を補ってあげると、自浄効果が高まり、ニオイを抑えてあげることが出来るのですね。

 

その補う方法としては、乳酸菌の詰まった膣カプセルや直接乳酸菌を陰部につけて皮膚のパックを行うといった方法があります。
ニオイの原因となる菌によって、すぐに問題を解消できるわけではありません。
しかし日ごろから、乳酸菌の必要性について注意し、心掛けておけば、陰部の環境を整え、ニオイの発生を抑えるための環境づくりが出来るようになるでしょう。

このページの先頭へ