MENU

閉経後の陰部は臭い?

閉経後の陰部のにおいが臭くて悩んでいる女性は意外と多いです。
デリケートゾーンのニオイの悩みというと、どちらかといえばホルモンの活性の高い若い女性に多い印象もありますが、実際には、閉経後の女性のデリケートゾーンもくさいと感じられるケースはあるのです。

 

 

閉経後の女性の陰部のニオイがきつくなる原因はいろいろ考えられます。

 

デリケートゾーンに限らず、雑菌がニオイの原因になることが多いです。

 

特に、更年期にさしかかかり、閉経を迎えた女性の場合、ホルモンバランスが崩れやすくなるため、ニオイをはじめとしたデリケートゾーンのいろいろな症状に悩まなければならないケースも少なくありません。

 

更年期以降、陰部のニオイがきつくなってきたときに、まず警戒しなければならないのが、「病気」です。

 

デリケートゾーンの病気の場合、ホルモンバランスの崩れによって雑菌(常駐菌)のバランスも崩れ、これによって感染症が起こることもあります。

 

というのも、膣内部に常駐している雑菌には、善玉菌と悪玉菌とがいて、ホルモンバランスの崩れや洗浄力が強すぎる石鹸などの影響で、悪玉菌が多くなってしまうことがあるからです。

 

その状況下では感染症が起こりやすく、結果的に膣炎などをはじめとする陰部のトラブルを招くこともあります。

 

たとえばトリコモナス膣炎を発症すると、おりもののニオイがきつくなることで、陰部自体がくさいと感じられることもあります。

 

ですから、更年期・閉経以降は、できるだけホルモンバランスの崩れを招かないような体調管理が必要であり、なおかつ、あまりにも洗浄力が強すぎる石鹸の使用は控えるほうが無難であるといえるでしょう。

 

そうは言っても、膣炎自体はそれほど珍しい症状ではなく、できるだけ早期に発見して医療機関で治療を行うことで改善されるケースが多いです。

 

 

それ以上に怖いのが、子宮をはじめとする婦人科系の器官の重篤な疾患です。たとえば子宮筋腫、子宮頸がんなどでも、おりものの色、粘り気などが大きく変化をきたし、ニオイも悪臭と呼べるレベルまで臭くなることもあります。

 

がんだからといって一刻を争うというものではありませんが、上記の重篤な疾患の場合、やはりできるだけ早期に発見し、できるだけ早いタイミングで治療に入ることが望ましいと言えます。

 

そのためにも、デリケートゾーンがくさいと感じたら、まずは医療機関で検査してみることが大切です。

 

場所が場所だけに、医療機関に行くこと自体に勇気が必要かもしれませんが、異常を感じたら放置しないことが重要です。

 

 

 

 

このページの先頭へ