MENU

私が実際経験した陰部のあまりよくないにおい

私自身あまり気にもしていなかった陰部のにおいなのですが、初めての性行為のときに相手にさりげなくにおいについて言われたことが始まりでした。
それを言われてからずっと気になり、自分もにおってみたりすると少し酸っぱいにおいがしていました。

 

性行為をするにあたって必ずばれてしまうのでどうしたらいいのかネットなどでいろいろ検索しました。
するとその原因は雑菌だと書かれていました。下着などをつけているとそこが蒸れてしまったり、排尿などもするのでなかなか清潔にはしておけないです。

 

どうしたら陰部のにおいが気にならなくなるか対処法などをしらべて試してみました。まず一つ目は体を洗う時に使う香りの強いボディーソープは膣を洗う時には使わない。

 

肌に優しい石鹸を使うようにしました。そして熱いお湯やシャワーを避けます。どうしてかというと熱湯はもともと自然なバクテリアを殺菌してしまうからだそうです。

 

ですので基本ぬるめのお湯に浸かったり、シャワーをしています。下着も締め付けの少ないものに変えました。素材もコットンやシルクがいいようです。

 

一番においがきつく気になるのは生理中です。あのにおいは人とすれ違いざまでもばれてしまうのではないかと思ってしまうぐらいきついにおいです。

 

これを少しでも軽減させるためにこまめにナプキンを変えるようにしています。最近では紙ナプキンだけではなく布ナプキンが流行っているようです。

 

私はまだ試していませんが、試してみるのもいいかもしれません。

 

食べ物にも原因があるそうで、陰部にはアポクリン腺というにおいの原因になる皮脂を分泌する汗腺がり、この皮脂には動物性脂肪のとりすぎでふえるようです。

 

なので極力肉類、チーズなどは避けるようにしていました。あとはしっかりと水分をとるようにしました。目安は一日2リットルを目標に飲んでいました。

 

こちらはダイエットにもいいと聞いていたので一石二鳥です。
これらのことを試し始めてからすぐにとはいきませんでしたが、男性にも陰部のにおいについては言われなくなりました。

 

やはり性行為にとって陰部のにおいは相手にとって結構重要なことにつながってきてしまうので、お互いのためにもこれからもケアをしっかりしていきたいと思います。

 

ですが中には陰部のにおいで病気のサインなどもあるのでおかしいなと思ったときは必ず病院に行ってください。皆さんが陰部についての悩みが減りますように。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ