MENU

陰部が臭いのは病気の影響かも?

陰部からくさいにおいが漂い、おりものにも異常を感じたら、病気を疑ってください。
チーズのようなおりものが下着についていたら、要注意です。
病気の原因には細菌への感染が考えられ、細菌の感染の原因には、性交渉や、生理のときに使ったタンポンなどの出し忘れなどがあります。
軽い症状のときに適切に処置できれば、症状は改善できます。
しかし、症状を放置して悪化すると、子宮内膜症といった重大な病気にまで至ることもあります。
よって、少しでも気になるところがあったら、迷わず病院へ行くようにしてください。
そして、陰部の病気の予防は、清潔に保つことが重要になります。
石鹸を使って丁寧に洗い、清潔に保つようにしましょう。
だからといって、ゴシゴシ擦るのは避けてください。
肌を荒らしてしまい、また、良い細菌の数を減らしてしまうので、感染予防になりません。
石鹸の泡で、力を入れず、丁寧に洗って清潔を保つようにしてください。
また、清潔を保てば、すそわきがと呼ばれる悪臭予防にもなります。
すそわきがとは、陰部から漂う悪臭のことです。
この臭いの原因は、脇の下のわきが同様、陰部にあるアポクリン汗腺にあります。
この汗腺は脇の下にもあり、よって、わきがの方は、すそわきがになる確率も高い傾向にあります。
わきが同様、悪臭がすれば、他人と近づくのが怖くなり、その傾向が強くなると対人恐怖症にまで発展してしまいます。

そうなる前に、病院に相談してください。
医師に相談したら、別の病気が見つかるということもあります。
ただ、すそわきがは感染するものではありません。
汗腺の数が多いおという異常なので、他人と性交渉をしたからといって、その方の汗腺が増えるわけではありませんから、感染しません。
そして、治療も受けることができます。
わきがが治療できるのですから、すそわきがも治療できるのです。
よって、陰部の臭いがどうしても気になるという方は、治療を受けることも考えてください。
これらの症状の治療法として、ボトックス注射があります。
ボツリヌストキシンを注射器で注入することにより、発汗を抑えようというものです。
注射ですから、大変手軽に受けることができるので、治療法として人気を集めています。
また、これらの臭いは体調によっても変化します。
体調がすぐれないときには、臭いがきつくなる傾向にあります。
そして、食べたものでも臭いの出方に影響が現れます。
野菜を中心とし、栄養バランスの取れた食事を摂取するようにすると、悪臭は軽くなる傾向にあります。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ