MENU

更年期になると陰部が臭いと感じる理由やその対策について

更年期になると一般的に言われているような加齢臭やミドル脂臭など臭いの問題が発生するようになります。
そして近年ではこの様な臭いに関する問題はスメルハラスメントと呼ばれていて、時に大きな問題に発展する可能性があります。

 

 

また、更年期の臭いの問題で最も大きなものになるのは陰部の臭いになります。
この臭いは比較的強いものになりますので、自分でも不快に感じやすいですし周囲にも嫌な思いをさせることがあります。

 

更年期が原因で陰部のニオイが臭くなる原因について

まず更年期になると陰部の臭いが強くなる原因として挙げられるのは、膣の自浄作用の低下になります。

 

通常であれば膣内は酸性に保たれていますので余計な雑菌などは繁殖しにくく、臭いはそれほど強いものにはなりません。
しかし膣の自浄作用が弱まってしまうと膣内がアルカリ性に傾いてしまい、その結果として雑菌が増え不快な臭いを発生させやすくなります。

 

そして、その膣の自浄作用のカギになるのがデーデルライン桿菌になります。
このデーデルライン桿菌は常在菌の一つで主に膣内に存在する体に良い影響を与える菌になります。

 

膣内で乳酸を生成する事で酸性に保ち、外部からの感染や雑菌の繁殖を抑えています。

 

しかし更年期を迎え女性ホルモンの分泌量が減少するとデーデルライン桿菌も減少していき、最終的には膣内が雑菌の繁殖しやすい環境になってしまいます。
そうなると臭いも発生しやすくなりますし、婦人科系の病気なども引き起こしやすくなります。

 

なお、この様に通常は膣内は酸性になっていますのでオリモノの臭いはやや酸っぱい臭いになります。
したがってこの臭いが判断基準の一つになっていて、酸っぱいような臭い以外を感じた時には注意が必要になります。

 

次に挙げられる更年期が原因による陰部の臭いの元ですが、こちらはホルモンバランスの乱れになります。

 

 

一般的に更年期になるとホルモンバランスが乱れ始め、エストロゲンが減少する傾向が見られます。

 

女性ホルモンの代表格でもあるエストロゲンが減少する事で上記のようにデーデルライン桿菌も減少するのですが、それに加えて皮脂の過剰分泌が起こりやすくなり自然と臭いが発生しやすくなります。
また、ホルモンバランスの乱れは陰部の以外の臭いを強くする可能性があります。
例えば精神的に不安定になりますのでストレスを感じやすくなり、それがわきがなどの原因になります。

 

更年期の陰部のニオイの対策方法について

この様な臭いはできるだけ早めに対策を講じる事が重要になっていて、主に二つのポイントに分けられています。

 

一つは下着の選び方でもう一つは入浴時の洗い方になります。

 

まず下着の選び方についてですが、この時には通気性が最も重要なポイントになっています。
基本的に女性は下着を着用した上からストッキングを穿いたりしますし、中には補正下着を着用する方もいらっしゃいますので陰部は蒸れやすい環境になっています。

 

 

なので、湿気が溜まりやすくなりオリモノの量が増える事で加速度的に湿気も増え臭いが強くなってしまいます。

 

また、一度溜まってしまった湿気が排出される機会も限られています。
例えばトイレに行った際や着替える時などの、ごく限られた場面でしか通常は下着を脱ぎません。

 

したがって、基本的に湿気はたまる一方になっています。
なので、この問題を解決する為には通気性が大きなポイントになります。

 

この場合はコットン素材やシルクなどの通気性の高い下着にする事で溜まった湿気などを効率的に排出できますし、最近では通気性と吸水性を兼ね備えた下着も多数ありますのでより蒸れにくくする事が可能になっています。

 

次に入浴時の陰部の洗浄方法についてですが、こちらは原則として洗いすぎは避けた方が良いとされています。

 

臭いが気になるからと言って陰部を洗いすぎてしまうと本来は必要な菌まで洗い落してしまいますので、結果的に雑菌が繁殖する可能性が出てきます。

 

 

また、石?やボディーソープなどはアルカリ性の物は使用しない方が無難になります。
これは上記のように膣内を酸性に保つ為のポイントになっていて、アルカリ性の石?などで洗ってしまうと膣内の酸性が弱まってしまいます。

 

そうなってしまうと綺麗にする為に行った行為が逆に雑菌の繁殖を招いてしまいますので、できれば陰部専用の酸性石?などを使うことが推奨されています。

 

さらに爪で傷をつけてしまうとそこから何らかの菌が入り込み、炎症を起こしたりして余計に臭いが強くなる事があります。なので指の腹を使って優しく丁寧に洗う事が重要になります。

 

そして、その他のポイントになるのがホルモンバランスを整える事になります。その為には規則正しい生活やバランスのとれた食生活などがカギになりますので、生活習慣の見直しは非常に有効な手段になっています。

 

また最近ではホルモンバランスを整える効果のあるサプリメントなども市販されていますので、そちらも効果的な対策になると言えます。

 

 

 

 

陰部は更年期が原因で臭くなるの?

更年期という時期は誰もが通過する時期です。

 

この時期に体の変化を感じて様々な不調を訴える人が少なくありません。

 

その中の一つの悩みが陰部の匂いだったりするのです。

 

更年期になるとなぜ陰部がくさい匂いを放つようになるのでしょうか?
それは分泌物の低下が一つの原因です。

 

 

更年期は女性ホルモンが低下する時期です。

 

また卵巣や子宮の機能もだんだんと衰えてくることです。

 

そのために膣の分泌物が減少してしまうのですね。

 

通常は膣は自浄作用を持っており、常に外部から病原菌が入っているのを防いでいます。
しかしその分泌物が少なくなるのです。

 

また卵巣や子宮の分泌物、つまりおりものも少なくなるという変化が訪れるので、陰部がにおうようになってしまうのです。

 

特に生理が完全に終了し、閉経を迎えるとその傾向は著明になります。

 

そのために閉経を迎えた女性は、夫婦生活の時に膣内の潤いが足りず痛みを訴えたり、不快症状を訴えるということが多くなります。これは自然の現象なので仕方がないことなのですね。

 

しかし一つ注意が必要なこともあります。
それは何か別の原因で臭くなっているのではないかということです。

 

例えば卵巣や子宮、膣の感染が起こっていれば、感染のためににおいが変化してくるでしょう。

 

それをくさいという感覚で感じることが出来ます。
またその場合は、感染した病原菌がおりものに混じったりするので、色が変化するでしょう。また一旦減少したおりものの量がまた増えるかもしれませんね。

 

女性の身体は更年期を境に一気に変化をして、子宮がんなどの病気も起こしやすくなります。

 

そうすると腹部症状が出たり、不正出血等の症状が出るようになります。

 

症状はおりものだけではありません。

 

病気の場合はいろいろな症状が複合して出てくるので、自分自身の身体の不調に早く気が付くべきです。

 

 

においというのは、自分自身の感覚だけで感じる物であり、ほかの人と比べることはできません。
そのためににおいになかなか気が付かないこともあるかもしれません。

 

そのために少しおかしいなと思ったら、早く病院にいくべきなのですね。

 

また更年期だから多少のにおいは仕方がないとあきらめるのも早いです。

 

その原因は、本当に分泌物の減少だけなのか、ほかの病気はないのか?
など注意しておくことが大切です。

 

においは健康のバロメーターの1つです。
また自分の身を守るための知るべき情報の1つなのですね。

 

そして自分自身とそのパートナーのためにもしっかりと対策をとることが大切です。

このページの先頭へ