MENU

陰部の臭いは石鹸で消臭効果はある?

陰部のにおいを気にする女性は少なくありません。

 

しかし陰部はその構造自体や下着におおわれている場所で蒸れやすいため、どんなに清潔にしている人でも雑菌が繁殖しやすく、多少のにおいは発生してしまうものです。

 

性行為のときにくさいのではないかと気になった経験は多くの女性が共感できるものでしょう。
1日を過ごして入浴する前などににおいが気になることもありますが、これは正常の範囲で、入浴後はにおいが気にならなくなっているはずです。
しかし洋服を着ている状態など、普段の生活をしているなかでにおいが気になる状態では改善策をとることをおすすめします。

 

陰部はしっかり洗うことで雑菌を洗い流すことができます。
膣内部は自浄作用が働いているため、外側からのアプローチは必要ありません。
膣内部は粘膜ですから臭いが発生することはなく、くさいと感じられるのは外側が原因となっているのです。

 

おりものが多いときなど、とくに蒸れやすい状態が続いているときは臭いも気になることがあるでしょう。
こういった場合は下着を直接身に着けることはせず、おりものシートなどを着けて、トイレの度に取り換えるようにすると臭いも軽減されます。
基本的には入浴時に正しく洗うことができていれば、他のケアは何も必要ありません。

 

ただし、雑菌がたまりやすい環境、つまり陰毛がある状態では比較的臭いが気になりやすい傾向にあります。
そのため海外では陰毛を完全に処理してしまっている女性が多く、これが基本という考えもあるのです。

 

日本でも陰毛を完全に処理してしまう女性が増えていますが、ゆくゆくは海外と同じレベルの考え方になることもあるでしょう。
陰毛がない状態では蒸れることも減るため臭いの軽減にもつながります。
生理中などの不快感もなくなることなど女性にとってはメリットばかりなのです。

 

正しい洗い方とはどのようなものなのでしょう。
しっかりと泡立てた石鹸を使い、手で洗うようにします。タオルやスポンジなどを使用すると肌を傷つけ、色素沈着を引き起こす原因となるためおすすめしません。

 

性器の周りをたっぷりの泡で洗いますが、すすぎもしっかり行います。
入浴後はタオルで水分を取り除き、できればドライヤーなどで肌に近づけすぎないように気を付けながら送風し、外陰部を乾かしてから下着を身に着けると良いでしょう。

 

このように生活していても臭いが気になる場合や、臭いがきついと感じる場合は病気の可能性やわきが体質によるものが考えられます。

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ