MENU

陰部がかゆくて臭い時の原因

陰部のにおいが気になる、かゆみがあることで悩んでいる方もいるでしょう。

 

陰部は、清潔な状態を保てないでいると、ムレやすく、そのため、臭いや、またかぶれなどになりやすい傾向があります。

 

 

対策をするならば、まずは、通気性のいい下着を着用することです。
ムレをある程度防ぐことでも、症状を改善することができる場合があります。

 

次に、清潔な状態を保つために、丁寧に洗浄することです。
お風呂で汗や汚れなどを丁寧に洗い流すことで、陰部を清潔な状態に保ちましょう。

 

ですが、あまり過度に洗ってしまうと、かえって肌に対して負担になってしまったり、また、膣の内部などを丁寧に洗いすぎてしまうと、本来備わっている自浄作用などにも影響がでてしまい、感染症や雑菌の繁殖しやすい状態になることもあります。

 

適度に洗い流し、くさいにおいなどが発生しないように、日々、心がけていきましょう。

 

ムレにくい状態、また、ある程度適度に清潔な状態を保っているにも関わらず、かゆみやにおいが気になる場合やおりものの臭いなどが強いと感じる場合には、感染症など病気の可能性もでてきます。

 

ある程度自分で対策をして、それでも改善が見られない場合には、一度、医療機関で診察を受けてみるのもいいでしょう。

 

医師による診察により、原因を把握して私生活においてかゆみやにおいなどの対策やアドバイスなどをもらうのもいいでしょう。

 

 

感染症など病気による症状の場合には、医師の治療、処方された薬などによって対処して、改善していくといいでしょう。

 

感染症などの場合には、自身の免疫力の低下などにより、ウィルスなどが活性化しやすく、発症します。

 

そのため、感染症などを予防、または発症後、回復を早めるためにはある程度免疫力を高める必要もあります。

 

生活習慣や食生活などが乱れている場合には、免疫力などが低下しやすい状態にあるので、自分の生活を振り返り、免疫力の維持や向上するために、生活習慣や食生活を改善していくことが大切です。

 

睡眠不足、運動不足などの場合には、規則正しい生活をすること、睡眠時間の確保、運動を定期的に行う習慣などを身に着けて、自身の体の健康維持につながるように行動しましょう。

 

また、食生活が乱れている場合には、体に必要な栄養が不足してしまい、これも免疫力低下につながります。しっかりと栄養バランスのとれた食事をするように、日々の食生活の栄養管理をきちんと行い、食生活を改善していくことも大切です。

 

 

 

 

このページの先頭へ